2016年04月28日

★バーボンホグスヘッド熟成★クライヌリッシュ 17年 1997【リンブルグ・ドラムクラブ】



リンブルグ・ドラムクラブはドイツのイースピリッツ年に立ち上げたウイスキー・メンバーズクラブ。このクライヌリッシュ 17年 1997はメンバー向けオリジナルボトル第3弾です。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:54| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

★ゴールデンシロップ、サルタナレーズン、ビスケット、潮のブリニー★ブレンデッド・アイラ・モルト 18年 1997 【ヘンプ・スパロー】



『アイラ島南部の小さな岬にある人気蒸溜所のアイラモルトに、ほかのアイラモルトを少量加えた、ピーティーなブレンデッドモルトです』(ショップページより引用)
土屋守のシングルモルトウィスキー大全によると「アードベッグ」はゲール語で「小さな丘」あるいは「小さな岬」を意味するということなので、アードベッグを主体としたティースプーンモルトですね。1997年がグレンモーレンジ社が買収してアードベッグを復活させた年なので、この前に紹介したウエストポート(グレンモーレンジ主体のティースプーンモルト)にも通じています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:53| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

★メロン、焼きりんご、トフィー、蜂蜜、シナモン★ウエストポート 18年 1997 【ヘンプ・スパロー】



『グレンモーレンジに、他のシングルモルトをティースプーン1杯加えた通称「ティースプン・モルト」』(ショップページより引用)。ホグスヘッドで18年熟成されていて、シングルモルトが最近高騰していることを考えるとかなりお値打ちだと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:00| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★完熟ドライプルーン、レーズンに干しブドウの見事なバランス★グレンドロナック 1995 20年 PXシェリーパンチョン FOR LIMBURG WHISKY FAIR



LIMBURG WHISKY FAIR 向けにボトリングされたペドロヒメネスシェリーパンチョン熟成のグレンドロナックのオフィシャル限定シングルカスク。『現在、グレンドロナックでプライベートボトルを望むことができる最長熟ヴィンテージとなります。』(ショップページより引用)という貴重な1本です。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:54| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

★終売の16年!カスクストレングス!★ザ・グレンリベット 16年 ナデューラ

高い品質が認められているナデューラのカスクストレングス!【終売の16年!カスクストレングス...

ザ・グレンリベット 16年 ナデューラ 60.2% 700ml
価格:9,990円(税込、送料別)



ザ・グレンリベット ナデューラはカスクストレングスのオフィシャルボトルとして、確かな味わいで貴重な存在だっただけに終売は残念ですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:07| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★香りは干しブドウ、砂糖とジンジャーシロップがけのスパイシーな茹でた洋梨★グレンドロナック 2003 12年 FOR WHISKY AGENCY



ウイスキーエージェンシー向けにボトリングされたペドロヒメネスシェリーパンチョン熟成のグレンドロナックのオフィシャル限定シングルカスク。ウイスキーエージェンシーが登場した頃には、そのレベルの高さでモルトウイスキーの市場を席巻したものでした。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:31| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

★僅かな硝煙、キャラメルポップコーン、グラッパの香り★グレンファークラス 2000–2015 SHERRY CASK for LIMBURG WHISKY FAIR



リンブルグウイスキーフェアー向け、オフィシャルボトル、シェリーカスク、カスクストレングスのグレンファークラス2000。ラベルの拡大写真から、シェリーバットとリフィル・シェリー・ホグスヘッドの2つの樽がヴァッティングされていることが分かります。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:07| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

★リッチ、焦げたトッフィー、かすかなビャクダンと青りんごの香り★アラン 1998 16年【レスト&ビー サンクフル】



初めて見かけるボトラー、『フォックス・フィッツジェラルド社がプロデュースする”レスト&ビー・サンクフル”シリーズ』(ショップページより引用)のアラン 1998 16年。アイル・オブ・アランがアラン島に設立されたのは1995年なので、これからは20年超のモルトが出てきます。若いアランは何度かテイスティングしたことがありますが、熟成を経てどう変化していくのか楽しみです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:29| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

★遠くなる90年代ヴィンテージ!★オルトモア 1990 22年【マッキロップチョイス】



マッキロップチョイスのオルトモア 1990 22年。何本か買ったことがあるこのシリーズ、『マスターオブワインのローン・マキロップ氏が選定したシリーズ』(ショップページより引用)だとは知りませんでした。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:45| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ライトなパフュームやライチ、レモン★グレンギリー 1988 26年【デュワーラトレー】



バーボンホグスヘッド熟成のグレンギリー 1988 26年。注目はテイスティングコメントにある「パヒューム」。グレンギリーは1994年にサントリーが買収したモリソン・ボウモア社の蒸留所で、以前はボウモア同様、「パヒューム」が感じられました。以前は嫌われた「パヒューム」が、サントリーの努力(?)で消えてしまうと、それを求める人が出てくるという結果に。分からないものですね。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:06| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★ミルクチョコレートとキャラメル、優しいオーク★グレンタレット 1987 28年【ダグラスレイン オールドパティキュラー】



リフィルホグスヘッド熟成のグレンタレット 1987 28年。テイスティングコメントの内容は「優しいモルト」という私のグレンタレットに対するイメージと重なっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:55| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

★ジョン・マグドゥーガルが選び抜いた樽をボトリング★ブラドノック 22年 1990【ザ・ゴールデンカスク】



『「ラフロイグ」 「スプリングバンク」「バルヴェニー」などの蒸留所長を務めたジョン・マグドゥーガル氏が本当に納得がいく樽に巡り合った時だけにボトリングする不定期リリース』(ショップページより抜粋・引用)するというザ・ゴールデンカスクのブラドノック22年。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:36| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★フレッシュな花の香り、心地いい軽やかな甘さ★ブナハーブン 12年

ブナハーブン 12年 46.3度 700ml

ブナハーブン 12年 46.3度 700ml
価格:4,640円(税込、送料別)



ブナハーブン12年は、いわゆるオフィシャルスタンダードですが46.3度というアルコール度数が特徴的です。タリスカーの45.8度というのもありますが、何かこだわりがありそうです。実はこれを飲んだことはありませんが、ブナハーブンにはノンピート麦芽が使われているそうで、アイラらしくないシングルモルトと言われています。私がボトラーズものを飲んだ印象では、仕込み水由来と思われるピートを感じたのですが、これはどうなんでしょう?
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:46| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

★終売になった600mlサイズ★キリン 「富士山麓」




私が参加している名古屋で毎月開催のモルトウイスキー試飲会「コニサーズクラブ」では毎月同じ蒸留所のシングルモルト5種類がブラインドティスティングで供されますが、おまけとしてゲームが行われます。
一番多いパターンは2〜3杯テイスティングして、「一番高いのはどれ?」というものですが、これまで最も多く登場したのがこの「富士山麓」です。1本15,000円以上のシングルモルトではなく「富士山麓」を選ぶ人が続出、メンバーの間で安くてうまいウイスキーといえば、これというのが定説となりました。
この600mlサイズは終売となり、新たに登場した700mlボトルは 1,300円強とかなりの値上げになりました。私が見た実店舗では店頭から消えていましたが、ネットショップにはかなり残っていました。普段飲み用にまとめ買いすべき?

楽天ブログ テーマ「ウィスキー、ブランデー、ラム、蒸留酒いろいろ」の話題
ラベル:ウイスキー
posted by ophiuchi at 13:12| ジャパニーズ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

バルメナック 26年 1988【シグナトリー カスクストレングス】



ホグスヘッド熟成。バルメナック、バルメニャック、バルミニックなど読み方が一定でない蒸留所ですが、設立1824年という歴史を持っています。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:06| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

★香りはバニリンでナッティー。ボディは生アーモンド★グレンアラヒ 21年 1993【デュワラトレー】



グレンアラヒは1967年に設立された比較的新しい蒸留所で、シングルモルトはあまり出ていません。私も1、2回ぐらいしかテイスティングしたことがない(20年を超えるものはありませんでした)のですが、テイスティングコメントにもあるように甘いモルトだったことは憶えています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:49| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

★レーズン、チョコレート、クッキー★ブレンデッドモルト 2007 8年【ウィスキーエージェンシー レターズ】



ウィスキーエージェンシー レターズのブレンデッドモルト8年もの、リフィルシェリー樽熟成。どこのモルトが使われているかは不明ですが、あのエージェンシーがボトリングしたブレンデッドモルトはどんなものに仕上がっているのでしょうか。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:46| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする