2016年10月31日

★甘いカスタードクリーム、ショートブレッド、パイナップル★ロングモーン 2000 15年【ハンターレイン OMC】




『通常50%で瓶詰めされるOMCを特別にカスクストレングスで瓶詰めした』(ショップページより引用)リフィルホグスヘッド熟成のロングモーン 2000 15年。「はずれ」のないシリーズということで、ダグラスレイン社がボトリングしていた頃のオールドモルトカスク(OMC)をよく買いました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 18:13| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★穏やかなクローバー蜂蜜にクローブやジンジャー★ザ・ハントリー (バーンサイド) 18年 1997【ダンカンテイラー ダイメンションズ】




『「ティースプーン・モルト」と呼ばれるブレンデッドモルトで、99.99…%シングルモルトです。99.99%はダフタウンにあるフロアモルティングを行っていることで知られる蒸溜所で、ティースプーン分は鹿がトレードマークの三角柱状のユニークなボトルで知られる蒸溜所です。』(ショップページより引用)
バルヴェニー+スプーン一杯のグレンフィディックですね。私が毎月参加しているコニサーズクラブは、基本的に一つの蒸留所でシングルカスク&カスクストレングスの5本を揃えて、ブラインドティスティングするというスタイルなので、バルヴェニーはなかなか出てきませんでしたが、2014年8月にバーンサイドを2本入れて初登場となりました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:42| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

★香りは、ほんのり甘くフルーティー。まろやかな口当り★バランタイン 12年 ピュアモルト




『バランタインの原酒のみをブレンドしたピュアモルト』(ショップページより引用)
私の頭に浮かんだのは、アードベッグ、グレンバーギ、スキャパ、ミルトンダフあたりでしたが、土屋守のシングルモルトウィスキー大全を見たら、他に9種類が原酒として出ており、ラフロイグやグレンドロナックの名前もありました。
お手頃値段が嬉しいところです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:28| ブレンデッド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★様々なドライフルーツ、ブランデーケーキ、ローストナッツ★グレンロセス 1997 PXシェリーフィニッシュ【イアンマクロード チーフタンズ】




ペドロヒメネスシェリー樽フィニッシュのグレンロセス 1997。
『現地のブレンダーの間では常にスペイサイドの「トップ6」にランクされるモルトとして長い歴史をもつグレンロセス』(ショップページより引用)
「トップ6」という言葉は初めて見聞きしましたが、残る5つが気になります。トップドレッシングとしてよく名前が上がるマッカラン、グレンファークラス、ロングモーンと、あとはグレングラントとリンクウッドあたりかな?

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:21| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

★蜂蜜、トフィーの奥からナラのスモークチップで燻したような優しい燻製香★ピーテッド・アラン 7年 2008




フェノール値20ppmの麦芽を使用し、バーボン樽で7年熟成したアランのシングルカスク。
『旨みとスモークが調和し、一度口にすると後引くおいしさです! 』(ショップページより引用)

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:54| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

★マッカラン、モートラック、グレンロセスなどのブレンデッドモルト★スカリーワグ カスクストレングス NO.1【ダグラスレイン】




『マッカラン、モートラック、グレンロセスといったシェリー樽熟成に適した原酒を中心に、
スペイサイドモルトだけをブレンドした人気のスカリーワグの限定カスクバージョン』(ショップページより引用)で『贅沢なフルーツケーキを感じる素晴らしい出来栄え』(同)
ダグラスレイン社社長フレッド・レイン氏の飼い犬が描かれたラベルが楽しいですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:40| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★「コフィー・スチル」で蒸留したグレンウイスキー★ザ・ユニーク・グレン・ウィスキー【ミシェル・クーヴルー】




フランスのブルゴーニュ地方のワイン商としてキャリアを積んだミシェル・クーヴルー氏は今や伝説のモルトウイスキーとなった『シングル・シングル・ベレ・バーレ』以来、様々なウイスキーをボトリングして注目を集めてきました。
これは『ノン・フィルター。「コフィー・スチル」と呼ばれる連続式蒸留器で蒸留。オーク樽で4年熟成』(ショップページより引用)したグレンウイスキー。ニッカウヰスキーには同型の蒸留器があって、モルトを蒸留してカフェモルトの名前で出しています。

楽天ブログ テーマ「ウィスキー、ブランデー、ラム、蒸留酒いろいろ」の話題
posted by ophiuchi at 11:16| グレーン・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

2016年10月20日

★こもったような干草の香り。オーツ麦のクッキー★ブルイックラディ 2005 10年【ブラックアダー ロウカスク】




このところポートシャーロット、オクトモアの名前でヘビーピートのモルトをリリースすることが多くなっていますが、これは『滑らかな口当たりのブルイックラディ』(ショップページより引用)です。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:11| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★レモン、グレープフルーツ、ミント★ボウモア 2002 14年【チーフタンズ】




ホグスヘッド熟成のボウモア 2002 14年。味は『熟した果実の甘味、心地よい酸味と渋味がバランスよく広がる』(ショップページより引用)となかなかいい感じです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:08| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

★洋ナシ、バナナ、バニラ★ジュラ 1996 19年【チーフタンズ】




バーボンバレル熟成のジュラ 1996 19年。ピーテッドタイプも造られるようになったジュラですが、これは従来のスタイルのようです。20年近い熟成でこの値段はお買い得ですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:53| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

★瑞々しいメロンやライチ、白い花、スペアミント★リンクウッド 24年 1991 ホグスヘッド 【チーフタンズ】




ホグスヘッド熟成のリンクウッド 24年 1991。リンクウッドは人気が高い蒸留所で、よくボトラーズからリリースされていましたが、最近はあまり見なくなりました。これもその意味で貴重な1本だと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:17| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

★シトラス、シナモンとバニラの甘やかなスパイス★アラン ザ ボシ−





『年に1回のみの限定リリース品で、今回がバッチ2となります。ファーストフィルのバーボンバレルで6年熟成の後、小さなクォーターサイズ(約125L)のアメリカンオーク樽で18か月以上追加熟成し、カスクストレングスでボトリング』(ショップページより引用)
約7年半の熟成ということになりますが、樽が小さいと熟成が早く進みます。『アランの限定商品は完売が続いております』(同)ということで、蒸留所の評価は高まっているようです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:20| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

★シェリー香、ドライプルーン、メントール、紅茶の葉、クリーム、革製品★グレントファース 12年 2003 シェリー・バット【チーフタンズ】






以前はボトラーズものもほとんど見かけなかったグレントファースですが、最近はかなり手に入りやすくなりました。しかし私が第1回から参加しているコニサーズクラブに一度も登場していない数少ない蒸留所の一つとなっていて、私も飲んだ記憶がありません。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:29| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

★バニラ、トフィーといった甘いアロマにフルーティーな甘みのある樽香★ザ バルヴェニー カリビアンカスク 14年





バーボン樽で熟成後、ラム樽に詰め替え熟成されたバルヴェニーのオフィシャルボトル。ラム樽を熟成に使ったシングルモルトはボトラーズものでたまに見ますが、オフィシャルでは初めて見ました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:27| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

カリラ 17年 アンピーテッド スペシャルリリース





『8年、12年、15年の続き、こちらで4回目の瓶詰となったカリラの意欲作でもあるアンピートスタイル原酒』(ショップページより引用)
だんだん熟成年数が長くなっていますね。次は20年?
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:08| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★アイラ・ブレンデッド・モルト★エレメンツ・オブ・アイラ PEAT【スペシャリティドリンクス】





『それぞれの原酒の際立つ特徴を考慮し調和させ、アイラ・モルトの最も特長的なフレーバー
“Peat”に着眼したモルトを創造しました』(ショップページより引用)というブレンデッドモルト。シングルモルトとは違う味わいを楽しめそうです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:21| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする