2017年01月31日

ハイランドパーク 1990 23年【デュワー・ラトレー】★深いヨード、海藻、オーク、僅かなスモーク、革



「ヨード、海藻」など興味深いコメントが目を引く、シェリーバット熟成のハイランドパーク 1990 23年。クライヌリッシュ、ロングモーン等と並んでボトラーズモルトの定番の一つだったハイランドパークですが、前の二つと同様にリリースが少なくなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:50| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ヘーゼルバーン 9年 バローロカスク★マンダリン、パイナップル、ベリー、金平糖、シュガーアーモンド



『6年間ファーストフィルのバーボンバレルで熟成させた後、3年間イタリア最高峰の赤ワイン「バローロ」のホグスヘッドで追熟』(ショップページより引用)したヘーゼルバーン 9年。フィニッシュ(追熟)という手法は時折使われますが、最初の熟成がファーストフィルバーボンバレルということに加えて、「バローロ」の樽での追熟期間が3年と長くなっていて、かなり野心的な試みとなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:58| キャンベルタウン・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

アードベッグ 15年 2000 バレル【チーフタンズ】



珍しいボトラーズリリースのアードベッグ、バーボン樽(バレル)熟成の15年もの。ラベルにはカスクナンバー 946/949 とあり、2つの樽がヴァッティングされており、アルコール度数は43.5度というあまり見かけないものとなっていますが、ボトリング数が1123本なので加水されています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:51| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

ウエストコーク 10年 シングルカスク バーボンバレル★華やかなバニラ、る蜂蜜、 カスタードクリーム、トフィー



『ウエスト コーク ディスティラーズはジョン・オコネル、デニス・マッカーシー、 ゲアル・マッカーシーの3人によって、アイルランド最大の州であるコーク州の ユニオンホールの地で2003年にスタートした新しい蒸溜所』(ショップページより引用)
ウエストコークを紹介するのは3回めだと思いますが、私もまだテイスティングしたことがないアイリッシュシングルモルトです。今回はシングルカスクの限定品ですが、値段はリーズナブルです。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:46| アイリッシュ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリン一番搾り シングルモルト(オーガニック麦芽100%)



オーガニック麦芽とオーガニックホップを100%使用したプレミアムビール。「シングルモルト」が何を意味するのかよく分かりませんが(ウイスキーの場合は単一蒸留所ですが…)、そのキーワードで検索にかかって久しぶりにビールを紹介することになりました。オーガニック・ワインはよくありますが、ビールは初めて見ました。スタンダードな「一番搾り」と飲み比べたら違いが分かるのかな?
posted by ophiuchi at 11:27| ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

ケイデンヘッド WC アイラ 7年★溢れんばかりのピートスモーク、味わい深い海藻スープ



『2016年に200周年を迎えたアイラ島南部の蒸溜所でつくられたヘビーピーテッドシングルモルトで、シングルカスク、カスクストレングスでボトリングしたリミテッドリリース』(ショップページより引用)ということで、蒸留所は1816年創業のラガヴーリンです。9,000円を切る値段は嬉しいですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:42| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティーリング 1991 ホグスヘッド★パイナップル、マンゴー、サルタナレーズン、トフィー、バニラキャラメル、ミント



Whisky Magazine によるアイリッシュモルトのシングルカスク。『アイルランドにある世界最古の蒸溜所でつくられた24年熟成のシングルモルト』(ショップページより引用)ということは、ブッシュミルズ蒸留所ですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:12| アイリッシュ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クライヌリッシュ 26年 1989 ホグスヘッド【カーンモア セレブレーション・オブ・ザ・カスク】★蜂蜜、バニラ、トースト、ジンジャー、ワクシー



カーンモア セレブレーション・オブ・ザ・カスク(モリソン&マッカイ)のクライヌリッシュ 26年 1989(ホグスヘッド熟成)。人気の高い蒸留所で私も好きな銘柄です。25年以上のクライヌリッシュはほとんどリリースされなくなっているので、高く感じるこの値段もやむを得ないところでしょうか?
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:20| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

【事前予約】ウォードヘッド Pisces(魚座)1997【ウィスク・イー ステラーセレクション】★メロン、熟したいちじく、バニラ、蜂蜜



『ウォードヘッド1997(Pisces/魚座:2/19〜3/20生まれ)は、1997年2月20日蒸溜、ホグスヘッドの19年熟成。ウィリアム・グラント社が所有するトレードマークの鹿をあしらった独創的な三角のボトル形状で知られるスペイサイドモルトの「ティースプーン・モルト」です』(ショップページより引用)
ほぼグレンモーレンジのティースプーン・モルト「ウエストポート」は時々見かけますが「ウォードヘッド」(ほぼグレンフィディックですね!)の方は滅多に出てきません。グレンフィディックのシングルモルトがボトラーズからリリースされることもまずありませんので、本当に希少な1本だと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:33| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

グレングラント 20年 1994【ダグラスレイン オールド・パティキュラー】



ダグラスレイン オールド・パティキュラーのグレングラント 20年 1994。カスクストレングスではありませんがアルコール度数は『長く熟成しているウイスキーはエンジェル・シェア(熟成中に蒸発するウイスキー)がその役割を担っていることから、彼らの追い求める品質を最も上手に表現できる度数である51.5度』(ショップページより引用)と高くなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:01| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤルロッホナガー 17年 1997【ダグラスレイン オールド・パティキュラー】



ダグラスレイン オールド・パティキュラーのロイヤルロッホナガー 17年 1997。ディアジオ社の中でも特別な位置づけにある蒸留所の一つで、ボトラーズからリリースが稀なモルトですが、良心的な値段になっています。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:43| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

スペイサイド 1994 15年【ケイデンヘッド オーセンティックコレクション】



『ボトラーリリース自体も少なく、なかなかお目にかかることができないスペイサイド蒸留所の原酒』(ショップページより引用)
名前はスペイサイドですが、蒸留所はハイランド地区にあります。64.0%という高いアルコール度数が目を引きます。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:03| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

グレンアラヒー 1992 16年【ケイデンヘッド オーセンティックコレクション】



バーボンホグスヘッド熟成のグレンアラヒー 1992 16年。1967年に設立された比較的新しい蒸留所で、これまでほとんど飲む機会がありませんでしたが、ボトラーズものは結構出ています。少し前のボトリングですが、お値打価格だと思います。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:13| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクリー・ムーア カスクストレングス ザ・ピーテッド・アラン・モルト 2016年リリース★オイリーなピートスモーク、フレッシュなパイナップル



『“マクリー・ムーア”とはアラン島の西海岸にあるミステリアスなピート湿原のことで、アラン蒸留所ではノンピート麦芽を使用したウイスキーづくりを行ってきましたが、2004年以降、毎年少量のみピーテッドタイプも生産しています!』(ショップページより引用)
ヴィンテージがないので、熟成年数が違う複数の樽をヴァッティングしているものと思われます。何年か前にも出ていたので、そのニューリリースですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:22| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

クライヌリッシュ 1997 19年【キングスバリー ゴールド】★やや塩っぽいニュアンス、ジンジャーの香り



キングスバリー ゴールドラベル、カスクストレングスのクライヌリッシュ 1997 19年。樽の種類は不明ですが、『アンバーカラーの非常に美しい色合い』(ショップページより引用)なので、リフィルシェリーあたりでしょうか?

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:23| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリングバンク 12年 バーガンディカスク★メープルシロップ、クレームブリュレ、仄かに土のアクセント



『すべての期間となる12年間、1stフィルのバーガンディの空き樽で熟成させた珍しいシングルモルト』(ショップページより引用)
「バーガンディ」ブルゴーニュの赤ワインで(フィニッシュではなく)熟成されたスプリングバンクです。確かに珍品ですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:34| キャンベルタウン・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

グレンスコシア 15年★少しバニラ、オーク、海塩、スパイシー、フルーツ



『15年熟成の真の特徴を届けるためにアメリカン・オーク樽熟成原酒の中から特別に樽を選び抜きボトリング』(ショップページより引用)されたグレンスコシアのオフィシャルボトルです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:44| キャンベルタウン・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする