2017年03月31日

ストラスミル 24年 1990【ハンターレイン OMC】★甘くフローラル、バニラ、ファッジ、パイナップル



リフィルホグスヘッド熟成のストラスミル 24年 1990。以前は花と動物シリーズの12年ものぐらいしかなかったモルトですが、数年前から20年超のシングルカスクをたまに見かけるようになりました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:39| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

ボウモア 1997 18年【キングスバリー】★ハチミツ、パイナップル、ビーチ



ホグスヘッド熟成のボウモア 1997 18年。3月25日に開催されたモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブのテーマがボウモアでした。最後の5杯目がなんとボウモア・クラレット。出品したKさん宅にはまだ未開封が2本あるそうです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:32| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

シングルモルト 駒ヶ岳 Nature of Shinshu 小彼岸桜



『2013年蒸留のモルト原酒に20年以上長期熟成された古酒をヴァッティングしました』(ショップページより引用)
小彼岸桜はマルス信州蒸溜所と同じ伊那谷の高遠にある千本桜で有名です。どちらもいったことがありますが「信州の自然」を感じるのにふさわしい場所だと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:05| ジャパニーズ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モートラック 24年 1991 シェリー・バット【シグナトリー カスクストレングス】



シェリー・バット熟成のモートラック 24年 1991。名古屋で毎月開催されているモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブの先月のお題はモートラックで、5番目に出てきたのがシグナトリーのシェリーバットだったので、これだったかもしれません。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:03| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

グレントファース 20年 1996 バーボン・バレル【シグナトリー カスクストレングス】



バーボン・バレル熟成のグレントファース 20年 1996。バランタイン、ブラック&ホワイト、シーバスリーガルなどのブレンデッド・スコッチの原酒ですが、オフィシャルボトルが出たことはない蒸留所です。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:00| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

ベンリネス 2007 8年 ロゼワインフィニッシュ【ヘップバーンズチョイス】



『ハンターレイン社の子会社ラングサイドディスティラーズ社が放つ、バリュープライスの「ヘップバーンズ チョイス」シリーズ』(ショップページより引用)、珍しいロゼワインフィニッシュのベンリネス 2007 8年。ロゼワインフィニッシュは初めて見ますし、ベンリネスは何度か飲んでいますが、こうした若いモルトはなかったように思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:57| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ギャザリング シングルモルト・アイリッシュ 14年 2002 【ウイスキーベース】



『オランダのウイスキー情報&コニュニティサイト"WHISKYBASE.com"が、2016年に開催した 『第1回ウイスキーベース・ギャザリング』を記念してボトリングされたシングルモルト・アイリッシュウイスキー。想像以上にフルーティーなアイリッシュウイスキーです』(ショップページより引用)
これとティーリングと飲み比べてみたいですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:43| アイリッシュ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ボウモア 2002年 14年【ハンターレイン オールド モルト カスク】★バターをかけたパンケーキのような甘いアロマにアイラモルトならではのピート、海草



ハンターレイン、OMCシリーズのボウモア 2002年 14年。341本というボトリング数からすると、樽はシェリーではなさそうです。かつてはボトラーズモルトの定番だったボウモアも最近はリリースが少なくなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:05| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

アベラワー 2009 7年【ステラーセレクション】★ブドウ、バタースコッチ、オロロソシェリー



オロロソシェリーホグスヘッド熟成のアベラワー 2009 7年。今回の星座は水瓶座です。『熟成年数は若いですが、オロロソシェリー樽の恩恵を受け、シェリーの特徴が色濃く反映された、印象深い味わいのアベラワーです』(ショップページより引用)

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:38| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

(ラム酒)HSE セントエティエンヌ アイラ・シングルモルト・フィニッシュ★スモーキーな香りと南国フルーツが素晴らしいハーモニー




セント・エティエンヌ社はフランス領マルティニーク島において1865年創業。957ヘクタールの広大な畑を持ち、マルティニック 島でサトウキビの生産からボトリングまで行っており、シェリー、バーボン、コニャックなどさまざまな樽で熟成したラムを生産しています。これはオークバレルで熟成後、12ヶ月アイラシングルモルト樽で後熟したという注目の1本です。
楽天ブログ テーマ「ウィスキー、ブランデー、ラム、蒸留酒いろいろ」の話題
ラベル:ラム
posted by ophiuchi at 18:39| ラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

キャパドニック 草津 20年 1995【アスタモリス フォー ガイアフロー 東海道五十三次シリーズ】★石灰などミネラル、白桃、ほんのりとハーブ



ベルギーの人気ボトラー「アスタモリス」 がボトリングする東海道五十三次シリーズの1本。少し前からボトラーズからのリリースが増え、人気が高まっているキャパドニックは、1898年にグレングラント第2工場として建設された後、すぐに閉鎖され、1965年に「キャパドニック」と名前を変えて再開されましたが、2003年に再び閉鎖されて現在に至っています。
posted by ophiuchi at 10:49| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

ティーリング 11年 2004 カベルネソーヴィニヨン・カスク シングルモルト



赤ワイン樽で熟成されたアイリッシュのシングルカスク。「ティーリング」は蒸留所の名前ではなく、ティーリング・ウイスキー・カンパニーのブランド名ということのようです(ウイスキーマガジンで紹介されています)。たぶん蒸留所はクーリーでしょうね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:11| アイリッシュ・ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

2017年03月14日

ザ・マッカラン ダブルカスク 12年



『12年以上熟成させたアメリカンオークシェリー樽原酒とヨーロピアンオークシェリー樽原酒をヴァッティング。「ザ・マッカラン」らしい“芳醇さ”と、バニラを思わせるような香りや滑らかな甘みのあるバランスのとれた味わいが特長です。 』(ショップページより引用)
シェリー樽にこだわってきたマッカラン本来のスタイルが楽しめそうですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:13| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

オスロスク 1988 28年【ケイデンヘッド】★クリーミーなバニラ、砂糖漬けのレモンピール



『日本とスコットランドのケイデンショップのみで販売されているシングルカスクのオスロスク。バーボンホグスヘッド熟成。』(ショップページより引用)
カスクストレングスながらアルコール度数が42.8%まで下がっていて、長期熟成ならではの味わいが期待できます。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 18:20| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

ダルリンプル 2010 6年(ティースプーン・モルト)【ウィスク・イー スノーフレーク】★蜂蜜やシロップの甘いアロマ、レモン、メロン、洋梨、ユーカリ



『ダルリンプル2010は、ローランドのある蒸溜所の「ティースプーン・モルト」。この蒸溜所はグレーンの生産で知られるウイリアムグラント&サンズ社のガーヴァン蒸溜所と同じ敷地の中に2007年に設立されたモルトウイスキーの蒸溜所です』(ショップページより引用)
調べたらアイルサベイ蒸留所でした。『年間生産量は500万リットルと、ローランド最大を誇る』(土屋守「シングルモルトウィスキー大全」より)ということですが、おそらく日本に入ってきたのは初めてだろうと思われるモルトウイスキーです。アルコール度数が68.8%と非常に高くなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:52| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

グレンファークラス 2005 シングル Ysカスク★パワフルさとシングルカスクの程よいタンニンを感じる



日本から『バイヤーがはるばるスコットランド「グレンファークラス」蒸留所を訪れカスクサンプルをテイスティングしウェアハウス内で選出した』(ショップページより引用・編集)リフィルシェリーホグスヘッド11年熟成のシングルカスク。61.7%とアルコール度数が高くなっており『パワフルさとシングルカスクの程よいタンニンを感じることができる』(同)ということです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:14| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トバモリー 1995 21年【デュワー ラトレー】★海藻、海苔、ヨード&潮、麦芽



バーボンカスク熟成のトバモリー 1995 21年。トバモリー蒸留所で造られるピーテッドモルトが「レダイグ」で、そうでないのが「トバモリー」かと思っていたら、テイスティングコメントに「ヨード」「潮」「スモーク」などとありますね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:12| アイランズ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

グレングラッサ 7年 2009 シェリー・ホグスヘッド (ドイツ向け) ★ヘザーハニー、モルティで軽いチョコ、塩キャラメル



『「レアカスクリリース」というシリーズのドイツ市場向けで、シェリーホッグスヘッドでの熟成』(ショップページより引用)のグレングラッサ 7年 2009。ハイランドの蒸留所ですが、同じグループのグレンドロナックと同じように、主にシェリー樽熟成モルトを生産しています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:19| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビリーピーテッド アイラ(ラガヴーリン) 2008【ウィスク・イー オーシャンズ】★ピート、海藻、ピスタチオ、シュガーシリアル、レモンピール



ウィスク・イーとBB&R(ベリーブラザーズ&ラッド)とのコラボによるボトリング。
『ラベルに記載はありませんが、ボトラーズへほとんど出回らない希少なアイラモルトで、ブレンデッドウイスキー「ホワイトホース」のキーモルトとして知られるアイラ島南岸にある蒸溜所のシングルモルトです。』(ショップページより引用)としつつ、はっきり『中身はアイラの帝王とも言われるラガヴーリンです!!』と書いてしまっている…

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:14| アイラ・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする