2012年06月28日

コニサーズクラブ(12/5/27)テーマ「ロッホサイド」

ロッホサイド山崎白秋さんからいただいたテイスティングノートを掲載します。

モルトの会、テイスティングノート

2012.4.22 スタンドバーにて

 今月のお題は、「ロッホサイド」である。

 ロッホサイドといわれて、どこに位置する蒸留所かすぐにピンとくるモルト飲みは、そうとうなマニアであろう。
 そのくらいマイナーな蒸留所といえる、ちなみに東ハイランドの南に位置しており、グレネスク蒸留所が近くにある。

 東ハイランドといえばほとんどの蒸留所が閉鎖されているが、ここロッホサイドもご多分にもれず閉鎖されており、セラーも1992年に取り壊されているという。

 さてこのロッホサイドのモルトたち、どこで熟成されたのであろうか。そんな疑問はここロッホサイドに限ったことではないが、世間であまり取りざたされることは無い。

 さて、そんなモルト5本を紹介しよう。

*** [No.1] オールド・モルト・カスク ロッホサイド リフィルホッグスヘッド 1/315 1991-2010 19年 50% ***

(香り) トップノートは砂糖水を連想させる香り。アルコール感が強く、フルーツが出てこない。奥にはわずかにバニラ香。全体的には単純な香りである。

(味)  ドライで味の数が少ない。テイスティング・メモが少ないことから印象に残らないモルトだったといえよう。


*** [No.2] キャプテンバーンズ ロッホサイド 1981-2010 50% ***

(香り) トップノートは甘いバニラの香り、それもかなり強いものだ。砂糖水を感じさせる香り。

(味) かなりドライ、単純な甘さを感じる。


*** [No.3] スコッチモルト・セールス ロッホサイド チィル・ナン・ノク 1981-2010 51.1% ***

(香り) トップノートはフルーティ、追ってミントとハッカの香り。酸味が心地よく、たいへん爽やか。澄み渡る青空を思わせる香りだ。

(味)  たいへんフルーティである、それも上質である。フルーツの種類は多くは無いが、十分満足できる味わいだ。


*** [No.4] ザ・ウイスキーエイジェンシー ロッホサイド 1/183 1981-2010 29年  54% ***

(香り) エステリーでたいへん濃い香り、追ってミントの爽やかさ。その後、甘い香りが優しく広がってくる。ややアルコール感がある。

(味)  シェリー樽熟成の味わい、それは強いものではなく、ほのかに上質のものだ。わずかにトースティ。
 軽くウッディーに香り、長熟を感じさせる。


*** [No.5] ウイスキーエクスチェンジ ロッホサイド オロロソシェリー 1981 57.5% ***

(香り) エステリーで深みのある香り、濃い色からシェリー樽熟成と想像するが、意外にもバニラの甘い香りが、バーボン樽熟成の個性と感じさせる。
 奥にはエレガントな香り。

(味)  香りからすると意外にもドライ。わずかにえぐみを感じる。奥にウッディな含み香、長熟を予感させる。


posted by ophiuchi at 17:48| コニサーズクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。