2019年04月25日

クライヌリッシュ 21年 バッチ7【ブティックウィスキー】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★フルーツアロマ、蝋燭、アーモンドミルクのコク



『ラベルには猫が描かれており、母猫?が、「なんであなたはお兄ちゃんのようにできないの?」と子猫に言って、言われた子猫が、ろうそくを手に持って、「ぼくもチーズバーガーを持てるかなぁ?」と聞き返しています。
ロウソクは、クライヌリッシュのワクシーさを表し、お兄ちゃんは、ブローラ蒸留所のことで、
ブローラの特有の味わいを”チーズバーガー”と表現しています。』(ショップページより引用)
今では貴重な20年超のクライヌリッシュのシングルカスク。2000年代前半頃にはブローラも手に入ったし、30年前後のクライヌリッシュも2万円もしない手ごろな値段で続々とリリースされていました。今考えると夢のようですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:30| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする