2020年10月21日

バレッヒェン SFTC バーボンカスクマチュアード 2008 10年(シングルモルト・スコッチ・ウイスキー)


『バレッヒェンは1810年から1927年までエドラダワーと同じピトロッホリー村で操業しており、2002年にエドラダワーがその権利を得て、試行錯誤の後、発売となりました。元ラフロイグの責任者で業界の重鎮イアン・ヘンダーソン氏がエドラダワーに移り、造り出したモルトです』(ショップページより引用)
ということで、バレッヒェンはエドラダワーのピーテッドタイプで、私はまだ飲んだことがありません。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:26| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする