2007年03月04日

裏モルトの会(07/2/17)テイスティングノート その5



(写真左から順に)

***[NO.22] ダンカンテイラー ピアレス マッカラン シェリー  18年   58.4% ***

(香り) 軽くジャーキー。シェリー樽由来のこげたゴム。奥にフルーティー。湿った印象、あるいはオゾンの香り。

(味)酸味とシェリーの個性。


***[NO.23] ケルティック・ウイスキー・カンパニー (マッカラン) ソーテルヌワイン フィニシュ   50% ***

(香り)シェリー香、ややこげたゴム。甘味が強い。ウッディーな熟成香。

(味)やはりシェリー、ウッディーな熟成感。香ばしい含み香。


***[NO.24] ポール・ジロー ツール・ド・ジャポン(コニャック)  40% ***

●31年という長期熟成のスペシャル・ブランデー。最後まで正体がばれませんでした(comment by ophiuchi)




(写真左から順に)

***[NO.25] スコッチモルト販売 ケルテッククロス ブルイックラディ  1991  46% ***

(香り)ツンと硬質な香り、いがいがと軽いピート。麦芽風味。フルーツと軽い酸味。

(味) 酸味が心地よい。飲み口はライトである。


***[NO.26] ミルロイ プロブナンス  ポートエレン 1982-2005 23年    51.8%   ***

(香り)まったりと濃厚、軽いピート。奥に熟成香。

(味)甘味とピートと苦みの三拍子。軽い熟成感。


***[NO.27] オールドバランテュラン(トミントール)  50% ***

(香り)ピートが強い。甘い香りが漂うが、砂糖水のような甘さ。

(味)甘い。ピートが強い、酸味が味を引き締めている。


★モルト価格ランキング★
 ネットショップで手に入るモルトウイスキーを価格順にリストしました。
posted by ophiuchi at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

裏モルトの会(07/2/17)テイスティングノート その4



(写真左から順に)

***[NO.17] SMWS 2.60  グレンリベット  1988-2005  16年  56.7% ***

(香り)麦芽風味。酸味が強くフルーティ。やや焼けた酸味。その後、甘い香りがひろがる。

(味)意外にドライ、軽いピート。フルーティかつフルーティー。


***[NO.18] SMWS  45.16  ダラスデュー  29年  49.2% 500ml ***

(香り) まったりとコクがある香り、かつエステリー。軽いピート、しばらくするとすばらしい熟成香がひろがってくる。

  (味) ウッディーな熟成感がすばらしい。酸味がほどよくバランスしている。

●SMWSが企画した 26 MALTS の1本。ラベルデザインが凝ってます(comment by ophiuchi)


***[NO.19]  ウイスキー・エクスチェンジ  トミントール 1967-2006 38年  45.9% ***

(香り)まったりとキャラメル香。ウッディーな熟成香がすばらしい。

(味)深い甘味。さまざまな木の香りが広がる。熟成感で満たされ至福の時間となる。

●私はこれを2006年のベストモルトに選びました(comment by ophiuchi)


***[NO.20] ダグラスレイン オールドモルトカスク  グレングラント  27年   50% (ミニボトル) ***

(香り)こげたゴム、シェリー樽の個性。しだいにエステリー。こげたゴムは嫌味となるぎりぎりのところでとどまっている。

(味)やはりシェリー樽の個性、まったりとコクがある。熟成由来の苦みも心地よい。

***[NO.21] ダンカンテイラー  タムデュー 1969-2004  34年  40% (ミニボトル) ***

(香り)ライト、フルーティー。キャラメル香、奥に熟成感、かすかなピート。

(味) 軽いピート。キャラメル由来の甘味。


★モルト価格ランキング★
 ネットショップで手に入るモルトウイスキーを価格順にリストしました。
posted by ophiuchi at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏モルトの会(07/2/17)テイスティングノート その3



(写真左から順に)

***[NO.12] SMWS 18.20  インチガワー  1966-2002  35年  68.1% ***

(香り)ややピートを感じる。まったりとキャラメル。深い熟成感。

(味) ピッチが高い味わい。アルコールが強くむせ返る。高貴な香り。熟成。

●35年の長期熟成なのに度数が68%もある異色のモルト(comment by ophiuchi)


***[NO.13] SMWS 7.25  ロングモーン  1968-2004  35年  51.7% ***

(香り)ウッディーかつキャラメル系のすばらしい熟成香。

(味)甘味と熟成感がすばらしい。リフィルシェリー樽熟成か。


***[NO.14] マーレイマクディビッド ミッション  リンクウッド 1983-2006   23年   52.1%***

(香り)まったりとしたキャラメル香、ウッディーな熟成香がすばらしい。

(味)ぴりぴりと刺すが、ウッディで熟成感十分。




(写真左から順に)

***[NO.15] ゴードン アンド マクファイル アードベッグ  1975  43% ***

(香り)灰を連想する無機物のような香り、軽くピートがひろがる。独特な香りが印象的である。

(味)シャープなピート、ややライト。フルーティー。


*** [NO.16] ハートブラザーズ  カリラ  22年   43%  ***

(香り)トップノートはピート。スィートで心地よい。

(味)酸味とピートの競演。フルーティーで飲みやすい。



★モルト価格ランキング★
 ネットショップで手に入るモルトウイスキーを価格順にリストしました。
posted by ophiuchi at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

裏モルトの会(07/2/17)テイスティングノート その2


(写真左から順に)

***[NO.7]  SMWS  1.81  グレンファークラス  1970-1998  27年 55.6% ***

【テイスティングノートなし】

●我々が ”グリーン・ファークラス ”と呼んでいる、緑色のモルト。ラム樽熟成らしいと言われており、ドライな味わいで、モルト会メンバーに大好評だった逸品(comment by ophiuchi)


***[NO.8]  SMWS  116.6   余市  1987-2005  18年  54.1% ***

(香り)エステリーかつ熟成感があり、濃厚な香り。ウッディーかつピートの個性。

(味)やはりウッディー、酸味も心地よい。ピートも強いがフルーティー。


***[NO.9] UD  レアモルト ブローラ 1982-2003  20年  58.1%  ***

(香り)ピーティーかつエステリー。熟成感がすばらしく、ふくよか。

(味)甘くフルーティ。すぐさまピート、軽い酸味をともなう。


*** [NO.10] ダグラスレイン オールドモルトカスク  グレンオード  31年  50% (ミニボトル) ***

(香り)スィートでエステリー、上品。やや、いがいがする。その後、マンゴやパイナップルなど甘いトロピカルフルーツの競演となる。 (味)ウッディかつエステリー。熟成感もすばらしい。


***[NO.11] キングスバリー スプリングバンク  1991-2006 14年  58.1%  ***

(香り)梅の香り。フルーティーで爽やか。明るい香り。

(味)ピートが強い、ただしヨード、フェノールは感じない。口の中でピリピリとする。酸味とフルーティーな含み香。

京都・錦市場の津之喜酒舗の依頼で、キングスバリーがボトリングしたもの(comment by ophiuchi)
★モルト価格ランキング★  ネットショップで手に入るモルトウイスキーを価格順にリストしました。
posted by ophiuchi at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏モルトの会(07/2/17)テイスティングノート その1

山崎白秋さんからテイスティングノートを送っていただきました。一緒に送っていただいた写真の順番に編集し、分割してアップします。

裏モルトの会、テイスティングノート   2007.02.17  Kさん宅にて

26本のモルトのテイスティングとなり、いつものようにノージングが終わってから味を確かめるわけにはいかず、正確なテイスティングとはいい難いところはご容赦願いたい。

今回も一応、テイスティングはブラインドである。



(写真左から順に)

***[NO.1] シーバスブラザーズ(オフィシャルボトル) ロングモーン 1987-2004  17年  55.1%  500ml ***

(香り)ジャーキーな印象。酸味が心地よい。

(味)ややドライ、単調。ぴりぴりとしており、熟成由来の苦みも感じられる。


***[NO.2] オフィシャルボトル   余市  1988-2006  18年  62% ***

(香り)フルーティーかつ、素晴らしくウッディ。濃い熟成香。

(味)シャープなピートと深みのあるウッディな味わい、熟成感が十分だ。素敵な甘さもある。


***[NO.3] スコッチモルトセールス  チール・ナン・ノック コールバーン 1980  24年  62.9% ***

(香り)中程度のピート香。ふくよかなキャラメル香。

(味)ピートが強い、ただしヨードやジャーキーは無い。キャラメル味、アルコール感が強い。


***[NO.4]  マーレイマクディビッド ミッション  ダラスデュー 1976  26年  58.2%  ***

【テイスティングノートなし】


***[NO.5]  スコッチモルト販売  リンクウッド 1973   49.7%  ***

(香り)甘いバニラの香り。すぐさま熟成香がひろがる。ウッディーですばらしい香りだ。

(味)酸味とピートがシャープな印象のモルトとしている、もちろんウッディーで熟成感はすばらしい。


***[NO.6] ブラッカダー リミテッドエディション エドラダワー  1976-1998   22年   43% ***

(香り)濃い香り。アルコール焼けした酸味。まったりと深みのあるキャラメル香、麦芽風味。

(味)甘い、白粉の香り。パフューミー。オイリーで口にまとわりつく独特な飲み口。

★モルト価格ランキング★  ネットショップで手に入るモルトウイスキーを価格順にリストしました。
posted by ophiuchi at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

裏モルト会(07/2/17)その3



私の持ち込んだモルト、残り3種類です。左から

4.Celtic Cross (Scotch Malt Sales)/ Bruichladdich 1991 13y 46%
スコッチショップ】価格 5,250円 (税込) 送料別
 先日のコニサーズクラブのテーマとなったブルイックラディですが、これは登場していません。飲みやすいモルトなので短期間でずいぶん空けてしまいました。

5.Provenance John Milroy / Port Ellen 23y 1982-2005 51.8%
同じミルロイのビンテージ違い(1980 25年 55.8%)はこちら。
スコッチショップ】価格 19,320円 (税込) 送料別
 23年のほうはリフィルシェリー樽熟成だったと記憶しています。乳酸のような香りが出てきて、最初に飲んだときとはかなり印象が違うような… 美味しいポート・エレンには違いないけど、他のモルトと飲み比べたせいか、やや評価が下がりました。25年はオーク樽熟成で、とても良い出来です。

6.The Peated Malt Old Ballantruan 50%
neroインターネットショップ】価格 4,380円 (税込) 送料別
 オールドバランテュランはトミントール蒸留所が出したヘビー・ピーテッド・モルトです。実は昨年10月のコニサーズクラブで「ピーティーだけどアイラじゃない」というテーマをやったときに使おうかと思って買ったのですが、SMWSばかりの中に入れるのは可哀想なので止めようということになりました。話のタネにはなりやすいけど、どうもスペイサイドやハイランドの蒸留所のこの手のものを飲んでも、いまいち感心できないと思っているのは私だけでしょうか?

posted by ophiuchi at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

裏モルト会(07/2/17)その2



私の持ち込んだお酒です。左から

1.Duncan Tatlor / MaCallan 18y 1987.12-2006.10 58.4%
 ボトラーズから出る最近のマッカランはオーク樽熟成ばかりですが、これは珍しいシェリー樽熟成です。オフィシャルに比べるとずいぶんシャープな印象でメンバーにも好評でした。

2.Celtic Whisky Compagnie / Celtique Connexion 1991 15y 1991.4-2006.3 50%
 フランスのケルティック・ウイスキー・カンパニーが出したソーテルヌ・ワイン樽熟成のモルト。ショップのHPにも、はっきりは書いていなかったのですが、マッカランであるように臭わせてありました(売り切れで再確認できず)。こちらの方がシェリー樽に近い風味でしたが、両者ともマッカランであると明かしたら、かなり意外だったという反応でした(残念ながらどちらも売り切れでした)。

3.Paul Giroud / Tour du Japon Chanpague 1er Cru du Coguac 1975-2006 40%
ワイナリー和泉屋】価格 9,660円 (税込) 送料別
 知る人ぞ知る手作りブランデー、ポール・ジローですが、これは昨年ジロー氏が来日したときの記念ボトル「ツール・ド・ジャポン」です。ヴィンテージを憶えていなかったのですが、調べたらなんと1975年で31年熟成でした。買ったときは8000円台だと記憶していて(500ml)、なんでこんなに安いのだろうと思ったのは憶えています。当然の事ながら「すごく美味しい」と大好評でした。

posted by ophiuchi at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏モルト会(07/2/17)その1



コニサーズクラブのメンバーがモルトやつまみ、料理などを持ち寄る裏モルト会が1年ちょっとぶりに開催されました。参加者11名、場所は名古屋市西区のKさん宅です。ずらりと並んだボトルは数えてみたら、その数19本、なかなか壮観です。

実はこれ以外に私がミニボトルに詰め替えて持ち込んだ6種類(別に写真入りで紹介します)があるので、少なくとも25種類をテイスティングしたことになります(詳しいスペックなどは山崎白秋さんに書いていただけるテイスティングノートと一緒に紹介します)。

手羽先、ハム、チーズ等のつまみもそれぞれこだわりのある品ばかり。今回はこれだけ飲んでもつぶれる人もなし。中には翌日ウイスキーマガジンライブに出かけた強者も。かく言う私も昨日2/18はベルギービールクラブの総会に出席、今日(2/19)も午後からタリスカーの試飲会に出かけました。いやはや…

posted by ophiuchi at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏モルト会 07.2.17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする