2019年09月30日

バーンサイド(バルヴェニー)27年 【ケイデンヘッド カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★華やかな花の香り、ラズベリーティー、蜂蜜、桃入りのカスタードクリーム、焼きプリン



ショップページに書かれてはいませんが、この「バーンサイド」という名前はバルヴェニーのシングルモルトは、ボトラーズからは出させない方針であるため、ほんの少し姉妹蒸留所であるグレンフィディックを加えた「ティースプーンモルト」に使われているので、これも同様だと思われます。
アルコール度数がかなり低くなっていますので、優しい味わいが期待できそうです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:46| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

グレントファーズ 9年【ケイデンヘッド カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



『かなり若くて「グリーン」なグレントファーズ。バーボ ン由来のフルーティーな甘さの中に少しラム酒の樽からくる甘さを感じられます。』(ショップページより引用)
昔、ソサエティ(SMWS)のボトルで「グリーン・ファークラス」とニックネームがついた素晴らしく美味しいグレンファークラスがありました。やはりラム樽熟成と言われていて、理由は分かりませんが緑っぽい色になるようです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:44| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

グレンバーギー 2004 15年【ケイデンヘッド】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★穏やかなトロピカルと若草、リンゴ、洋ナシ,キャラ メルソースがけのレモンチーズケーキ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレンバーギー 2004 15年【ケイデンヘッド】54.7% 700ml
価格:9,499円(税込、送料別) (2019/9/24時点)


ホグスヘッド15年熟成のグレンバーギー。
『グレンバーギーは、ほぼ全量がバランタインのブレンドに使われてきた』(ショップページより引用)ということで、私もあまりテイスティングしたことはありませんが、好印象は残っていて『その品質の高さは業界では良く知られ、スコッチ・モルトのトップ・クラス10に入ると評価されている』(同)には同意できます。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:55| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

アベラワー カスクアヌー(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)




“Casg Annamh”は”Rare Cask”を意味するゲール語で、ヨーロピアンオークとアメリカンオーク2種、計3種のシェリーカスクが使われています。アベラワー といえばカスクストレングスの「アブーナ」がありますが、これはその弟分みたいな位置づけなんでしょうか?※楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:25| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

ベンリアック バーニーモス(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



『バーニーモスは2004年に操業を再開した現オーナーが仕込んだ初めてのピーティーなオリジナリティあふれるモルトです。』(ショップページより引用)
ベンリアックはスペイサイドモルトですが、ピーティーなシングルモルトを多く出しています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:28| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

トーモア カスクストレングス 2004【ゴードン&マクファイル】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★甘いハチミツ、繊細なハーブ、バナナ、ココナッツ、洋ナシ



名古屋で毎月開催されているモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブで、 2019年4月29日にこれが出てきました。意外と言っては失礼ですが、全体に出席者の評価が高かった回でした。12年ものカスクストレングスで9,000円はお買い得ですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:03| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

グレントファーズ 2009 9年【ケイデンヘッド Y'sカスク】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★緑色のバナナ、熟していない洋ナシなどの緑色の果物の風味



『グレントファーズ蒸留所はかつてはロイヤルハウスホールドのキーモルトでもあったことでも知られ、現在はバランタインを構成する主力モルトとして有名な蒸留所』(ショップページより引用)
"GLENTAUCHERS" は以前はシングルモルトとしてボトリングされることが珍しかった蒸留所で、日本語表記も一定ではありませんでしたが、土屋守のシングルモルトウィスキー大全で採用されている「グレントファース」が定着してきているようです。(よく見たらここでは最後が「ズ」と濁っていました)
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:29| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

スぺイバーン 10年 2008【ケイデンヘッド Y'sカスク】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★新鮮なミント、刈り取った草、蜜蝋、ウッド、バナナ、パイナップル


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スぺイバーン 10年 2008【ケイデンヘッド Y'sカスク】55.8度 700ml
価格:8,262円(税込、送料別) (2019/8/7時点)


『ボトラーズの老舗×Y'sカスクとのコラボレーションが実現』(ショップページより引用)
熟成10年と若いモルトではありますが、シングルカスクでこの値段というのは最近では貴重です。スぺイバーンは、土屋守のシングルモルトウィスキー大全によるとアメリカでの人気が高いそうです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:13| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

アンノック ピーターアークル(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★免税店向け限定ボトル


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンノック ピーターアークル 46% 1000ml 並行品
価格:4,978円(税込、送料別) (2019/7/31時点)


『ニューヨークに拠点を置き活躍するスコットランド出身の、著名なアーティスト「ピーター・アークル」デザインの限定品。古いヴィンテージものの革製スーツ・ケースをモチーフにデザインした免税店向けアイテム』(ショップページより引用)
免税店向けということでリッターボトルになっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:49| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

リンクウッド 22年 1996 ホグスヘッド【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



リンクウッドはいかにもスペイサイドらしいモルトで、人気が高く私も好きな銘柄です。長期熟成モルトが枯渇しているので、いまや22年は長熟ものですね。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:43| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ベンロマック サシカイア ウッドフィニッシュ 2011(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★とろみのある赤いベリー類とジンジャー、シナモンのほのかな香り、わずかにスモーク


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベンロマック サシカイア ウッドフィニッシュ 2011 45% 700ml
価格:8,409円(税込、送料別) (2019/6/27時点)


『ファーストフィルのバーボンバレルで熟成後、イタリアワインの至宝、スーパータスカンの代名詞とも言えるサシカイアの樽で24ヶ月追熟』(ショップページより引用)
ベンロマック蒸留所のオーナーは、最大手のボトラーであるゴードン&マクファイルで、このスペックはいかにもG&Mという感じですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:30| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

【埠】スコッチ・シングルモルト・サークル アルタベーン 1993-2017 バーボンバレル(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★ソリッドでしゃりっとした蜜リンゴ。レモン。ドライハーブ



『ボトラーでも滅多にリリースのないアルタベーンの20年オーバー原酒。今後は更に出会える機会も少ないであろう貴重なリリースです。』(ショップページより引用)
Dist: May 1993 Bottled April 2017 ということで熟成年数は約24年ですね。
アルタベーンは私もテイスティングしたことがありません。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:32| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

グレングラント 1995 22年【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



22年熟成のグレングラント。「リフィル・シェリー・ホグス・ヘッド」と書かれていますが、ラベルの写真を見るとバーボンバレルとなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:36| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

グレンロッシー 1993 24年【ヴィジュアルフレーバー】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★完熟メロン、蜂蜜、トフィークリーム、ウッド、マッシュルーム



『24年熟成によってアルコール度数も頃合いよく下がっており、非常に柔らかな味わいから一転し、きのこフレーバーが全体を包み込む極めて個性的なグレンロッシーです』(ショップページより引用)
ラベルのきのこは「食べられるの?」という感じですが、「きのこフレーバー」は気になりますね!

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:48| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

グレンロセス 1997 約18年【マクファイルズコレクション】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★クリーミーな甘いキャラメルやナッツ、素晴らしいオレンジリキュールテイスト



『2018年春に終売となった、マクファイルズコレクション』(ショップページより引用)リフィルリメイドホグスヘッド熟成のグレンロセス 1997。加水タイプのようですが日本限定リリースのシングルカスクだとあります。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:04| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

トーモア 1988 28年【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



名古屋で毎月開催されているモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブの先月(4/28)のテーマがトーモアで、シグナトリーのこのボトルが最初に登場しました。意外と言っては失礼ですが、今回の5本は全体的にメンバーの評価が高く、これもなかなかの人気でした。これがブラインドテイスティングの面白いところで、蒸留所名を知っていらこうした評価にはならなかったと思います。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:45| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

2019年04月19日

アルタベーン 9年 2009 アマローネカスク 【ウイスキー チャンバー】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



イタリアの高級赤ワイン「アマローネ」の樽で熟成したアルタベーン 9年 2009。土屋守のシングルモルトウィスキー大全によるとアルタベーンは『原酒のほとんどはシーバスリーガルのブレンド用』だということで、シングルモルトはほとんど出回っていません。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:31| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

スペイサイド エンジェル 10年 2008 アマローネカスク【ウイスキー チャンバー】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



『TWC(ザ・ウイスキー・チャンバー)は毎年春から秋に7〜9種のウイスキーで様々な味わいや香り、そして多彩なスコットランドのエリアをカバーしボトリングしています。』(ショップページより引用)ということで、これは珍しいアマローネカスクのスペイサイドモルトです。蒸留所についての情報はありませんが、名前を秘されてボトリングされるモルトの定番、グレンファークラスではないでしょうか?

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 19:02| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする