2018年02月09日

エレメンツ・オブ・アイラ Cl8 カリラ(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



『バッチごとに蒸留所から選び抜いた数樽を混合して瓶詰め、ラベルには蒸留所のイニシャルとバッチナンバーが元素記号のようにシンボル的に表示されています。』(ショップページより引用)というエレメンツ・オブ・アイラ、8thエディションのカリラ。値段から考えると、主に若い樽が使われていそうです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:29| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

モートラック 10年 2007【ハンターレイン オールド モルト カスク】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★キャラメル、チョコレート、ドライハム



リフィルホグスヘッド熟成のモートラック 10年 2007。ボトラーズモルトのモートラックといえば以前は10年ぐらいの若いシェリー樽ものをよく見かけましたが、最近はこうした色の薄いいわゆるオーク樽のものの方が多く見られるようになりました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:23| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンクウッド 20年 1997【ハンターレイン オールド モルト カスク】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★ティラミス、バニラカスタード、バタースコッチ



リフィルホグスヘッド熟成のリンクウッド 20年 1997。香りと味のコメントはリンクウッドのイメージそのもの。かつてはボトラーズモルトの定番だったリンクウッドですが、最近はリリースが少なくなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:40| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

グレンキース 1995年 21年【ウイスキートレイル ドラゴン THE3 エクスクルーシブ】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★エキゾチックなティアレの花、リンゴ、洋ナシ、金平糖



『「ウイスキートレイル ドラゴン」シリーズはエリクサーディスティラーズが日本向けにリリースする6部完結のオリジナルシリーズです。』(ショップページより引用)
グレンキース蒸留所は2000年から2012年まで生産を中止していましたので、休止前に蒸留されたモルトのシングルカスクです。コメントにはキースの香りの特徴としてよく言われていた「リンゴ」もあり、オールドファンには嬉しい1本ではないでしょうか?

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:56| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

グレンロッシー 24年 1992 ホグスヘッド【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



土屋守のシングルモルトウィスキー大全では、グレンロッシーの紹介ページのタイトルは「知る人ぞ知るフルーティーなスペイサイドの佳酒」となっています。
名古屋で毎月開催されているモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブにおいては、2012年11月25日2015年11月22日と2回取り上げられていました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:48| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

アラン ジェームズ マクタガート 10周年記念ボトル 2007(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★蜜を湛えた完熟りんご、サクサクのココナッツサブレ、レモンオイルを加えたバニラクリーム



『ジェームズ・マクタガートがアラン蒸溜所のマスターディスティラーとして2017年で10周年目を迎え、これを記念してリリースした今回限りの特別なアラン』(ショップページより引用)
『彼がアラン蒸溜所でスタートを切った2007年蒸溜、10年熟成の1stフィルバーボンバレルの中から選りすぐられた樽のみを使用し、カスクストレングスでボトリング!』(同)
シングルカスクではなく、複数の1stフィルバーボンバレルの原酒が使われている、オフィシャルボトルならではの1本です。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:38| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

グレンロセス 19年 1997 リフィル シェリー バット【シグナトリー アンチルフィルタード】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



リフィルシェリーバット熟成のグレンロセス19年 1997。ずんぐりしたオフィシャルボトルでおなじみのグレンロセス、シェリー樽熟成モルトの定番の一つと言っていいと思います。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:24| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

2018年01月18日

グレンファークラス 18年(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★バニラ、ハチミツといった甘いアロマにフレッシュなレモンといったフルーティーなアロマ



『ゲール語で“緑の草の生い茂る谷間”を意味する今では少なくなった家族経営の
グレンファークラス蒸留所による、免税売店向けにリリースされた18年熟成品!』(ショップページより引用)
18年熟成、リッターサイズのオフィシャルボトルが6,000円ちょっとというのはお買い得だと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:37| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ロッホローモンド 12年 オーガニック モルト ホワイトラベル(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



『ロッホローモンド蒸留所が、オーガニックで育てられた大麦から蒸留した12年以上熟成のシングルモルト。2013年に限定品としてリリースされました。』(ショップページより引用)
これまでシングルモルトがボトリングされることは少なかった蒸留所ですが、最近になってロッホローモンドの別ブランド名である「インチマリン」「クロフテンギア」のシングルカスクを見かけるようになりました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:47| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

モートラック レア オールド(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★圧倒的に力強い味わいゆえに「ダフタウンの野獣」と称される、比類の無いシングルモルト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モートラック レア オールド 43.4% 500ml
価格:10,584円(税込、送料別) (2018/1/5時点)


『スコッチの聖地、スペイサイド・ダフタウンで最も歴史ある蒸溜所で、圧倒的に力強い味わいゆえに「ダフタウンの野獣」と称される、比類の無いシングルモルト』(ショップページより引用)
あまりシングルモルトらしくない500mlサイズの角瓶で、なぜディアジオがこのスタイルを選んだのか気になってしまいます。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:43| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ブラックアダー ブラックスネーク VAT No.1 フィフス ヴェノム(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★ツンとしたシェリー樽由来のウッディーで酸味のある香り


『シェリー樽でフィニッシュをかけ、樽の2/3 だけボトリングし、残りの1/3 に同じ蒸溜所のモルトを継ぎ足してまた熟成させる』(ショップページより引用)という蒸溜所名非公開のブラックスネーク、 VAT No.1 フィフス ヴェノムはオロロソシェリー樽の5 回目のボトリング。ファーストヴェノムがボトリングされたのは4年前でした。蒸留所が気になるところですが、オロロソシェリー樽熟成だとモルトの個性を見つけるのは難しいでしょうね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:56| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

クライゲラヒ 8年 2008【ベンチマーク (マーレイ・マクダヴィッド)】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)


『シェリーバットで熟成後、ガイアナ産デメラララムの空樽で追熟』(ショップページより引用)したクライゲラヒ 8年 2008。こうしたフィニッシュものの場合、最初にシェリーバットが使われることは珍しく、フィニッシュに使われたのがラム樽というのも珍しいです。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:25| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

バルメナック 8年 2008【ベンチマーク (マーレイ・マクダヴィッド)】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★りんご、シトラス、オーツ麦


『バーボンホグスヘッドで熟成後、シカゴのバーボン「コヴァル」のファーストフィルの樽で追熟』(ショップページより引用)したバルメナック 8年 2008。
以前はこうしたフィニッシュものをよく見かけたマーレイ・マクダヴィッドですが、ニューボトルは久しぶりに見るような気がします。『ベンチマークは46度でボトリングしたシングルモルトで、マーレイ・マクダヴィッドのメインシリーズです』(同)ということですが、以前も同じシリーズ名で出ていたのかは確信が持てません。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:04| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

2017年12月08日

インチマリン 23年 1993 ホグスヘッド【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)


インチマリンはロッホローモンド蒸留所で造られるシングルモルトのブランド名の一つで、私はまだ飲んだことがありませんが、最近になって時折見かけるようになり、気になっています。シグナトリーのこのシリーズなら外れることは少ないので、思い切って買ってみようかな。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:46| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

グレンロセス 26年 1990 ホグスヘッド【シグナトリー カスクストングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)


ホグスヘッド熟成のグレンロセス 26年 1990。シェリーのイメージが強いグレンロセスですが、私はこうしたオーク樽とも呼ばれるタイプの方が好みです。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:30| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ベンリネス 1997 18年 バーボンバレル【ビッグフィッシュ】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★完熟りんごのフルーティさに焦がしたバニラクリーム、蜂蜜、オークスパイスが調和した味わい

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベンリネス 1997 18年 バーボンバレル【ビッグフィッシュ】56.2% 700ml
価格:15,006円(税込、送料無料) (2017/12/4時点)


ベンリネスの『18年という熟成期間によってバーボンバレルならではのフルーツ、バニラ、オークスパイスが調和したシングルカスク』(ショップページより引用)
有名とは言えませんが、私の中では評価が高い蒸留所のひとつです。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:07| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

オルトモア 1991 24年【ビッグフィッシュ】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★華やかなバニラクリーム、クローブ、シロップで煮詰めた白桃のコンポート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルトモア 1991 24年【ビッグフィッシュ】51.3% 700ml
価格:19,007円(税込、送料無料) (2017/12/1時点)


ホグスヘッド24年熟成のオルトモア1991 24年。オルトモアをティスティングする機会はそれほど多くありませんでしたが、『ブレンダーから長きにわたり高い評価を集めてきた』(ショップページより引用)という評価には十分に頷けます。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 18:52| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする