2019年03月05日

オーヘントッシャン 1992 24年 バーボンバレル【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



シグナトリー カスクストレングスコレクション、バーボンバレル熟成のオーヘントッシャン 1992 24年。早く熟成すると言われる3回蒸留のオーヘントッシャン、24年熟成は長期熟成と考えても良いでしょう。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:13| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

ダルリンプル 7年 2011【カバリュス (ウイスク イー)】(スコッチ・ティースプーンモルト・ウイスキー)★洋梨、蜂蜜、バニラクリーム、胚芽クラッカー、ミント



『ローランドのガーヴァン蒸溜所と同じ敷地内に2007年に設立されたある蒸溜所のモルトウイスキーをメインに使用したティースプーンモルト』(ショップページより引用)ということで、99.9%はアイルサベイ蒸留所のモルトです。
年間生産量はローランド最大ということなので、今後は多くボトリングされるかもしれませんね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 18:36| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

ドランブレイド 2008 9年【オクタブ カスク・フロム・ダンカン・テイラー】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★カラメル、りんご、麦芽、アーモンド、 カルダモン、バニラ



『ローランドのガーヴァン蒸溜所と同じ敷地に
2007年に設立された蒸溜所のモルトウイスキー』(ショップページより引用)に他のシングルモルトをティースプーン1杯分加えたティースプーンモルト。
新しい蒸留所の名前は「アイルサベイ」で、幻のモルトウイスキーとして知られるレディーバーン蒸留所も同じ敷地内にありました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:13| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

オーヘントッシャン 1997年 16年【ハンターレイン ザ・オールド・モルト・カスク】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)★甘くとろけるようなバニラ、バタースコッチ、ブラックベリー



10月28日に行われたモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブのテーマがオーヘントッシャンでした(OMCのこれは5本にふくまれていません)。
意外と言っては失礼ですが、登場した5本は個性的で出来の良いモルトが揃っていて、出席したメンバーの評価も上々でした。20年近く続いていて、ほぼ出席していますが、まだまだ知らないモルトの世界があると、ちょっと感動しました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:43| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

ダルリンプル 2011【オーシャンズ】(スコッチ ティースプーン モルト ウイスキー)★洋梨、メロンの柔らかなフルーツ香、バニラクリームウェハース



『メインの原酒は、ローランドのガーヴァン蒸溜所と同じ敷地に2007年に設立された新しい蒸溜所(アイルサベイ)のモルトウイスキーです』(ショップページより引用)
絶滅危惧種だったローランドモルトの新星の今後に注目したいと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:20| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

オーヘントッシャン 25年 1992 バーボン・バレル【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)


バーボン・バレル熟成のオーヘントッシャン 25年 1992。オーヘントッシャンのシングルカスクがボトリングされることは少なく、シグナトリーのこのシリーズから出たことがあったかと思い調べてみたら、これと同じバーボン・バレルの1992ビンテージのもの(24年熟成)を1年ちょっと前に紹介していました。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:26| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

ダリンプル 5年 カスクストレングス【Y'sカスク】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダリンプル 5年 カスクストレングス【Y'sカスク】62.7% 700ml
価格:7,452円(税込、送料別) (2017/9/12時点)


ダリンプルは『2007年に蒸溜を開始した、スコットランドでも最大級の生産量を誇る蒸溜所』(ショップページより引用)だということで、2009年に発刊された土屋守のシングルモルトウィスキー大全にアイルサベイとして掲載されているのがそうであるようです。ローランドモルトの新顔ですが、シングルモルトは初めて見ました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:45| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

オーヘントッシャン 1997 19年【ハンターレイン OMC】★バニラファッジ、ミルクチョコレート、ハチミツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーヘントッシャン 1997 19年【ハンターレイン OMC】50% 700ml
価格:15,876円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)


ハンターレイン OMCのオーヘントッシャン 1997 19年。近年のウイスキーブームで蒸留所の新設が相次いでいますが、ローズバンク、インヴァーリーブン、ローズバンク等が閉鎖され、ローランドモルトは希少な存在になってしまいました。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:31| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

ダルリンプル 2010 6年(ティースプーン・モルト)【ウィスク・イー スノーフレーク】★蜂蜜やシロップの甘いアロマ、レモン、メロン、洋梨、ユーカリ



『ダルリンプル2010は、ローランドのある蒸溜所の「ティースプーン・モルト」。この蒸溜所はグレーンの生産で知られるウイリアムグラント&サンズ社のガーヴァン蒸溜所と同じ敷地の中に2007年に設立されたモルトウイスキーの蒸溜所です』(ショップページより引用)
調べたらアイルサベイ蒸留所でした。『年間生産量は500万リットルと、ローランド最大を誇る』(土屋守「シングルモルトウィスキー大全」より)ということですが、おそらく日本に入ってきたのは初めてだろうと思われるモルトウイスキーです。アルコール度数が68.8%と非常に高くなっています。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:52| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

2017年01月05日

エピキュリアン ローランド ブレンデッドモルト【ダグラスレイン】★ふくよかな大麦、柑橘、ハーブの風味が広がる



『オーヘントッシャンとグレンキンチーをメインに、あと一つシークレットモルトが使われている』(ショップページより引用)というレンデッドモルトウイスキー。ダグラスレイン社、リージョナルモルトシリーズのローランド版です。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:28| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

★芝生、新鮮な洋梨がスッキリと感じられる★オーヘントッシャン 1997 16年【キングスバリー ゴールドラベル】




最近になって3回蒸留を行う蒸留所がいくつかみられるようになりましたが、ローランドの伝統であるを3回蒸留をずっと続けてきたのはオーヘントッシャンだけです。テイスティングコメントからもその特徴である軽快な味わいが窺えます。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 15:37| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

ブラドノック 22年 1990【ザ・ゴールデンカスク】





「ラフロイグ」 「スプリングバンク」「バルヴェニー」などの蒸留所長を務めたジョン・マグドゥーガル氏が『本当に納得がいく樽に巡り合った時だけにボトリングする不定期リリースで、ひときわ優れた樽のみを集めたシリーズ』(ショップページより引用)「ゴールデンカスク」のブラドノック 22年 1990。このところボトラーズものを見かけなくなったローランドのブラドノック、これも3年以上前のボトリングですね。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:45| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

オーヘントッシャン 1992 24年 バーボンバレル【シグナトリー カスクストレングス】




シグナトリー カスクストレングスコレクション、バーボンバレル熟成のオーヘントッシャン 1992 24年。早く熟成すると言われる3回蒸留のオーヘントッシャン、24年熟成は長期熟成と考えても良いでしょう。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:19| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

★穏やかなスパイスとフルーツ香が絶妙★オーヘントッシャン 13年 2002【ダグラスマックギボン プロヴェナンス】




以前はローランドモルトといえば3回蒸留が普通であると言われていたようですが、現在稼働している蒸留所で3回蒸留を行っているのはオーヘントッシャンだけになりました。なかなか味わう機会が少ないローランドモルトに挑戦してみてはいかが?
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 11:09| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

★ジョン・マグドゥーガルが選び抜いた樽をボトリング★ブラドノック 22年 1990【ザ・ゴールデンカスク】



『「ラフロイグ」 「スプリングバンク」「バルヴェニー」などの蒸留所長を務めたジョン・マグドゥーガル氏が本当に納得がいく樽に巡り合った時だけにボトリングする不定期リリース』(ショップページより抜粋・引用)するというザ・ゴールデンカスクのブラドノック22年。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 17:36| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

★オート麦と蜜蝋(ワックス)★リトルミル 24年 1991【ザ・パールズ・オブ・スコットランド】




『創業1772年と、スコットランド最古を謳っていた』(土屋守『シングルモルトウィスキー大全』より)リトルミル蒸留所も閉鎖されて20年以上経過し、2004年に火事で設備が消失したため、今後は入手困難となることは間違いありません。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 16:13| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

ブラドノック 20年 1993【ゴードン&マクファイル コニサーズチョイス】



リフィルシェリーホグスヘッド熟成のブラドノック20年。数少なくなったローランドの蒸留所の一つですが、ライトなものが多いローランドモルトの中では、しっかりしたボディが感じられるモルトだと思います。

楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 09:13| ローランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする