2019年05月17日

ブレア・アソール 1995 23年 シェリーバット【ハンター・レイン OMC】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



シェリーバット熟成のブレア・アソール 1995 23年。ダグラス・レイン社の元代表と2人の息子らが立ち上げたハンター・レイン社はダグラス・レインの看板シリーズだった「オールド・モルト・カスク」を譲り受けてボトリングしています。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 10:04| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

トーモア 1988 28年【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



名古屋で毎月開催されているモルトウイスキー試飲会、コニサーズクラブの先月(4/28)のテーマがトーモアで、シグナトリーのこのボトルが最初に登場しました。意外と言っては失礼ですが、今回の5本は全体的にメンバーの評価が高く、これもなかなかの人気でした。これがブラインドテイスティングの面白いところで、蒸留所名を知っていらこうした評価にはならなかったと思います。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 13:45| スペイサイド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

グレンタレット 1989 29年【シグナトリー カスクストレングス】(スコッチ・シングルモルト・ウイスキー)



ホグスヘッド熟成のグレンタレット 1989 29年。30年近いシングルカスクはほとんど見かけなくなり、あってもこの倍ぐらいの値段がついていることが多いように思います(さすがシグナトリー!)。アルコール度数がかなり落ちていて、もともと大人しいタイプのグレンタレットなので、ひたすら優しいモルトになっていそうです。
楽天ブログ テーマ「モルトウイスキーの話題」
posted by ophiuchi at 14:03| ハイランド・モルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする